11日 6月 2022
何かをやるやると、周りにも自分にも公言して、結局できないことは時にあります。これを繰り返してしまい、自嘲気味に「やるやる詐欺」と名付けた人がいました。 その時はやろうと意欲にあふれているのでしょうが、ものごとを達成するには地道な努力を続けないといけないことが多いので、そこで挫折するのでしょう。...
27日 5月 2022
子供は理解力に乏しく、不完全な存在だと看なされがちです。また、子供は苦労を知らない純粋な心を持っているとも。 しかし、それは子供の小さな外見に惑わされての考えではないでしょうか。...
12日 5月 2022
 2月末から始まったロシアのウクライナ侵攻。21世紀にもなって、このような戦争が起こるとは予想しなかったと、よく言われます。 しかし、シリア内戦やミャンマーの軍事クーデターなど、内戦ではあっても、同じことは世界の各地で起こっています。法をもしのぐ絶対的な力を持つ権力者がいれば、起こりうることなのです。...
27日 4月 2022
現在起こっている、ロシアのウクライナ侵攻。 劣勢と見られていたウクライナの抵抗は強く、ロシアの破壊的な攻撃に持ちこたえています。このウクライナの人々を支えているのは、日々発せられる、ゼレンスキー大統領の言葉の力が大きいでしょう。...
12日 4月 2022
なぜか、自分にやたら厳しい(と言うより過酷な)発想をし、自己否定感、罪悪感が強い人がいます。一見、謙虚なように見えますが、このような考え方・感情は自分を追い詰め、不安にさせるので、いつも生き辛さを感じるものです。...
28日 3月 2022
手入れのいい庭とか、家の手入れが大事とか、手入れはよく使われる言葉です。これは、日常的にこまめに気を配り補修をしたり、新しいものと取り換えたりして、手をかける様を意味します。私達の周辺の環境は、日頃の手入れの積み重ねで、維持されています。...
13日 3月 2022
面倒なことはつい先延ばしにするのは、よくあることです。しかし、いつかまた必ずその問題が蒸し返してきます。そこで再度先延ばしにするか、思い切って取り組むかになります。 思い切って取り組めば案外早く解決することが多いのですが、一度先延ばしにするとそれだけで厄介な問題のように感じてしまうものです。...
27日 2月 2022
自分を認める、受け容れる、当たり前のようですが、実は一番難しいことかもしれません。 私達は生まれ落ちて、自分の欲求に従いながら生きるうちに、周囲に受け容れられる欲求と受け容れられない欲求があることが分かってきます。受け容れられない欲求を何とかあきらめ、受け容れられる欲求を楽しみながら、徐々に個性が育ってきます。...
12日 2月 2022
物語、劇、映画などは、必ず何らかのストーリーがあり、その中心になる主役がいます。周囲とのやり取りや出来事が起こる中で、主人公はその状況を楽しんだり、立ち向かったりしながらドラマが進行します。 この主人公がいなかったらどうでしょう。それぞれの場所でつながりの乏しいドラマが展開し、見る側も退屈して中座するでしょう。...
26日 1月 2022
「自分のことは自分が一番良く分かっている」とは、よく聞く言葉です。しかし、果たしてそうでしょうか? 第二次世界大戦下では、お国のために、天皇陛下のために戦うのが正義と信じていた人が、敗戦とともに個人の人権や平和の大切さを信じるようになりました。どちらも同じ自分です。...

さらに表示する