10日 6月 2021
「あなたがやりたいことは?」と聞かれて、皆さんはどう答えますか。 趣味に仕事に遊びにと、やりたいことが自然と口をついて出る人も多いでしょう。中には「うーん」と考え込む人もいるかも知れません。...
18日 5月 2021
 アルコール依存症など、依存症の治療には、3本の柱があります。 ①病気について正確に知ること。②自分自身が病気をどう認識し行動していたか振り返ること。③同じ病気の仲間と率直に自分を語り合うことの3本です。 ①は本などでも知識を得ることができます。しかし、②と③は一人では不可能で、治療の場や仲間が必要です。...
27日 4月 2021
最近、ヤングケアラーという言葉をよく耳にするようになりました。 通学や仕事のかたわら、障害や病気のある家族の介護をしている、18歳未満の子どもを指します。2021年の厚生労働省の調査では、中学2年生の6%、高校2年生の4%がヤングケアラーで、この2学年だけで約19万人になります。...
10日 4月 2021
縄文時代と弥生時代、この二つの時代の名前は土器の名称に由来しています。その後の時代は、古墳時代、飛鳥時代、奈良時代など、象徴的な建造物や首都の場所などが時代を表すようになってきます。...
19日 3月 2021
赤ちゃんは、満面の笑顔で周囲を魅了します。世界のすべてと一体になったような笑顔、それは見ている私達にも、何の不安もない世界が無限に広がるような幸福感をもたらします。この時、赤ちゃんには自分と周囲の区別はなく、ただただ世界と自分が一体になった幸せな感覚を味わっているのでしょう。 人が生きて行く根底には、この感覚があることが必要です。...
25日 2月 2021
NASAが昨年7月打ち上げた火星探査機は、7か月かけて宇宙空間およそ4億7000万㎞を飛行し、2月19日火星に到着しました。この探査機に積まれていたのが、探査車「パーシビアランス」です。 パーシビアランスの使命は、火星に生命が存在した痕跡を見つけ出すこと。もし、地球外に生命が存在したとすれば、地球の生命の歴史にも新たな発見が始まるかも知れません。...
05日 2月 2021
人と意志を通じ合うために発するメッセージ、でもそれが逆効果になることもあります。 特に相手にこうして欲しい、こうなって欲しいと願う時、どのように伝えたら効果的でしょうか?...
20日 1月 2021
この世で、赤ちゃんの笑顔に勝る素敵なものは、なかなかないでしょう。見た途端、幸福な気分に包まれ、思わずこちらも笑顔になります。赤ちゃんは何の邪気もなく、ただただ安心して笑っているのです。この時の赤ちゃんは、万能感に満たされていると言えます。暖かな視線が常に注がれ、不安や不快で泣いても、一生懸命あやしてもらえます。空腹、排泄は周囲が敏感に察知して対処してくれます。まさに万能の力を持った存在です。 万能感の反対語は無力感です。今言ったようなことがほとんど満たされなかったとしたら、赤ちゃんはだんだん表情を失くし、泣く力も衰えて行くでしょう。赤ちゃんにとって生きていけなくなる恐ろしい事態、万能感から無力感へ一転した事態になったのです。この無力感に抗うため、赤ちゃんは指をしゃぶって、お母さんのおっぱいを吸っているという幻想に浸り、無力感を回避しようとしているという説もあります。 万能感は、大人になっても見られることがよくあります。赤ちゃんの時とは違い、すべてを自分がやらねばならない、やれるはずだという万能感です。例えば、勉強、仕事、家事などすべてを完璧にこなし、周囲の人間関係もそつなくこなすなど、自分に万能を課すのです。周囲からは賞賛され、特別な能力の人と思われたりします。しかし、内実は無力感を抱いており、それを隠すために万能であろうとしていることがよくあります。 無力感は赤ちゃんにとっては生死に関わる一大事ですが、成長した人間にとっても同じくらい辛く認めがたい感覚です。これを否定するためには、常に完璧を追い求め、無力感が出てこないようにする必要があります。しかし人間はいつも万能であることはできません。万能を保つには、常に自分や周囲をコントロールする必要がありますが、それは不可能なことです。そのため、万能感を保とうとすると多大な緊張と不安が伴います。 何よりの問題は、万能感を追い求めていると、自分が本当は何をしたいのか分からなくなってしまうことです。いくら結果が出ても満足することができず、いつも飢餓状態のような不安な気分になってしまうのです。この不安を抑えるためにさらに万能感を求め、人生はさらに辛くなります。 万能感を求めている時は、誰にも心を開けず、とても孤独な状況です。傍からは強がっているようにも見え、なかなか理解されないものです。 赤ちゃんの万能感の根底には、ゆるぎない周囲の愛情と支えがありました。 万能感を抱いている人にとって、その裏には無力感があることを安心して認められる環境が必要です。無力感の正体は不安感・孤独感なのですから。そのような環境があれば、万能の看板を自然と降ろすことができるはずです。
30日 12月 2020
最近見たテレビ番組「ヒューマニエンス」で腸のことを改めて知り、衝撃を受けました。 私達は腸からできている!考えれば確かにそうですね。外から食べ物を取り込んで消化し、エネルギーを作る。残りかすは排泄する。日々この繰り返しです。それを主に担っているのは、腸です。...
12日 12月 2020
この二つの言葉を最近知り、いわゆる依存症的な行動を「サバイバルスキル」と名づけたことに考えさせられました。 ライフスキルは人生を歩んで行くのに欠かせないスキル、一方サバイバルスキルは生き延びるために必死で行うスキルです。...

さらに表示する